FC2ブログ

乱視表の番号と検眼枠の軸

視力検査
09 /29 2017
乱視を聞くとき
乱視表を見てもらって
「濃く見える」場所と逆の方向に
乱視の軸を入れる

「薄く見える」ところに乱視の軸を入れる
乱視レンズ

「検眼枠に入れる軸の角度」「乱視表の番号」の話です


乱視表・原本

イナミの乱視表で私なりに説明してみます

私の病院のは15°刻みだけど、最近のイナミの乱視表は10°刻みなのかな?
イナミの乱視表は数字が1~6でわかりやすいので個人的に好きな乱視表です

図で説明するとわかりにくいのですが・・・・

乱視表と検眼枠をこんな感じで見るイメージ
乱視表2-1


検眼枠の角度はこうなります
乱視2-1

乱視表と合わせるとこんなイメージ
乱視2-6

1→120°
2→150°
3→180°
4→30°
5→60°
6→90°


    

考えてみましょう
乱視2-2
6は90°、3は180°

なので

6が濃い(3が薄い)3(180°)に軸
3が濃い(6が薄い)6(90°)に軸

斜めは??が濃い時
乱視2-3

濃い方向と逆が軸なのでが軸
乱視2-4

は検眼枠でいうと・・・
乱視2-6

乱視2-5
30°

乱視2-6
この図を見て考えてみます

1が濃い→軸は4→30°
2が濃い→軸は5→60°
3が濃い→軸は6→90°
4が濃い→軸は1→120°
5が濃い→軸は2→150°
6が濃い→軸は3→180°

1と2の間が濃い→軸は4と5の間→40°か50°
2と3の間が濃い→軸は5と6の間→70°か80°
1と6の間が濃い→軸は3と4の間→10°か20°
5と6の間が濃い→軸は2と3の間→160°か170°
4と5の間が濃い→軸は1と2の間→130°か140°
3と4の間が濃い→軸は1と6の間→100°か110°

私は
間が濃い場合はザックリと入れて
あとで軸調整をしてます

たとえば・・・

2と3の間が濃い
乱視2-7

軸は5と6の間
乱視2-8

70°か80°なので80°に入れてみます
乱視2-9

これで同じくらいになったと言われたら
逆転(5と6の間が濃くなる)の1つ手前の乱視度数を採用します
自信がないときは
逆転まで聞かなくても
全部同じ濃さ、で乱視を終了してもいいかも。

でも

80°に入れたら6が濃くなった

そんなときは
濃い方から10°軸を逃がします
乱視2-10

軸は70°

まだちょっと6が濃い


乱視2-11

さらに10°逃げる
乱視2-12

軸60°

あ。同じくらいの濃さ


ということは軸は60°で決定

軸が変わったので、比べてもらうのは5と2
乱視2-13

5と2を比べて
軸方向の5が濃くなったら逆転です

ややこしいかなぁ

読んでもらえたらポチお願いします。やる気でます
関連記事

コメント

非公開コメント

Re: No titleさっこさん

おはようございます

乱視、ややこしいと思います。また
???があれば言ってくださいね。
私がお返事できることであればお返事します♪
がんばってくださいね

menohatena

・視能訓練士
・目の検査のこと、思いつくまま書いてます。眼科で目の検査をしながら悩んでる人の参考になればうれしい😊

・長男→たっくん(小学3年生)
・長女→ほーたん(年長さん)
・次男坊→ひーくん(2歳)

・昔「眼科検査のはてな」してましたhttp://menohatena.blog.shinobi.jp/