FC2ブログ

糖尿病で一時的に遠視になる場合もある

目の病気
09 /23 2017
糖尿病が発覚して
血糖コントロールが始まった患者さん

こんな患者さんが

最近見にくくなったから
眼鏡を合わせたい



そう、言ったときは要注意

糖尿病の治療が始まったばかりの患者さんで
血糖の変動が強いとき

一時的に遠視が強くなることがある

どれだけ強くなるか、は
人によってバラバラ

調節力(ピント合わせの力)が
弱くなるのが原因らしい

だから、患者さんは
近くが見にくくなったような感じになる

もともと遠視がある人は
さらに遠視が強くなって
遠くも近くも見にくくなってしまう


遠視になるのは、一時的なもの

そのまま様子を見てると
もとの度数に戻る場合が多い


なので
眼鏡を合わすのは、少し我慢

先生と相談しながら
何度か視力と度数を測って
度数が安定してから
眼鏡を合わしたほうがいい
場合が多いのです
関連記事

コメント

非公開コメント

menohatena

・視能訓練士
・目の検査のこと、思いつくまま書いてます。眼科で目の検査をしながら悩んでる人の参考になればうれしい😊

・長男→たっくん(小学3年生)
・長女→ほーたん(年長さん)
・次男坊→ひーくん(2歳)

・昔「眼科検査のはてな」してましたhttp://menohatena.blog.shinobi.jp/